『自然石大判と苔のアプローチ』

​和の落ち着いた雰囲気で雑木のある外構にしたいとのご要望でした。アプローチには大判の自然石であるミカゲ石を使って高低差の処理をするために階段状に据え付けた部分と、割り肌のミカゲ石を短冊状に据え付けた部分にと、それぞれスナゴケ等を用いて落ち着いた表情を出すことができたかと思います。

アプローチを歩み進む先には樹形に面白さがある山採りのアブラツツジを配植、足元には岐阜から調達した黒割石を敷き詰めて、アプローチと繋がるよう同様のスナゴケの目地としました。

​白い外壁の落ち着いた建物に対して主張しすぎない外構になり、樹木の成長も楽しみな庭です。

CSC_1828
CSC_1827
CSC_1829
CSC_1830
CSC_1826

株 式 会 社   s  o  t  o  e

〒431-0201 静岡県浜松市西区篠原町20575

TEL.053-570-7378  FAX. 053-570-7379

© 2016 sotoe All right reserved